そばの名産地で食べる絶品ガレット

先日、子供を連れて白馬にスキーに行った時の事。

冬といえばスキー。その中でも人気の場所が「白馬」。
たくさんのゲレンデがあり、私も結婚する前は毎年が訪れていました。

そんな白馬で、先日「白馬そばの日」というイベントを行っていました。
なんでも、この白馬一帯で特別なそばメニューが楽しめるというイベントらしいです。

色々と趣向を凝らしたメニューがある中で私が見つけたのが「ガレット」。
もともと、白馬では「白馬ガレット」というものに大変力を入れています。
「ガレット」を日本的な表現で言うと、そば粉のクレープという表現が一番正しいでしょうか。

そして、白馬ガレットと名乗る為には更に定義があり、
「生地には白馬そば粉を使用する」
「トッピングやフィリングする素材は地元産にこだわる」
「白馬クレーピエが提供するガレットである」だそうです。

クレーピエ=クレープの職人の呼び名だそうで、白馬がいかに力を入れているのか解ります。そして私たちがそのガレットを目当てにお邪魔したのは「ホテルペンションアルピーヌ」さん。
ホテルの前に「クレーピエいます!」の看板まであり、期待大で店内へ。

頂いたのは、ガレットのランチコース。
オニオンのスープからはじまり、一口大のサラダ、リンゴジュースと頂いた後にガレットが登場しました。
具材がたっぷりで、それを混ぜて食べさせていただきました。
クレープと違って、ガレットってそれだけでボリュームもあり大満足でした。

IMG_3648