ヒゲは加齢によって濃くなる?髭剃りとの関係性とは

髭が濃くなる原因としては、過剰に男性ホルモンが活性化することが原因とされていますが、
実はこれ以外にもヒゲが濃くなると言われている事はあります。
それは加齢によってもヒゲが濃くなるというのがあります。

なぜなら、加齢によって男性ホルモンがさらに分泌する量が増えてヒゲモ濃くなるというのがあるからです。

ですから、ヒゲが濃くなる原因というのは加齢によって男性ホルモンの分泌が増えた場合にも濃くなる事があります。

そして、その際にはヒゲ以外の体毛にも影響を及ぼします。加齢によって男性ホルモンの分泌が増えるという事は、全身にその男性ホルモンがめぐって体中の毛穴にある5αリダクターゼに影響を与えるからです。

逆に昔からよく言われているヒゲの剃り方を誤るとヒゲが濃くなるという話や、ヒゲを抜くとヒゲが濃くなるという話がありますが、これらはいずれも根拠のない話です。

なんとなく、そういう風に感じる人が多かったというだけで実際はそれでヒゲが濃くなるという事はないです。それどころか毛抜きを使ってしつこくヒゲを抜いているとヒゲが薄くなります。

ただし、髭を抜くと髭の周りの皮膚組織を傷めてしまい、身体は皮膚を修復しようとするので、どうしても毛穴の周りにある皮膚が固くなります。

それによって毛穴が炎症を起こしてニキビになったり、髭が硬い皮膚を突き破ろうとするので毛が硬くなることはあります。

参考:ゼロファクター徹底ガイド